また前回の記事から間が開いてしまいました。

004_convert_20170312194618.jpg

その間に河津桜はほとんど終わってしまいました。

003_convert_20170312194607.jpg

河津桜は終わりですが、杏が咲き始めました。

005_convert_20170312194643.jpg

桃香です、剪定のときに蕾があったので切らずにおいたら咲きました、この時期の蕾はボールーングを起こして咲かないのが普通ですが今年は暖かかttのでしょうか咲きました。

ミモザ

前回の更新からずいぶん間が空いてしまいました。
その間に庭はどんどん春になってきています。

002_convert_20170224125724.jpg

ミモザが満開です。

006_convert_20170224125656.jpg

河津桜ほもう散り始めています。

001_convert_20170224125746.jpg

2週間前の写真です、この時が満開だったようです。

004_convert_20170224131155.jpg

バラはも芽を伸ばし始めています。

ツルバラの根切

皆様お元気でしょうか、私は風邪をひいて5日ほど寝込んでしまいました、インフルエンザではなかったようですがひどい風邪でした。

002_convert_20170122214900.jpg

先週ツルバラの根切りをした時の写真です。
我が家では寒肥をまくだけで穴を掘らないため大きくバラの周りを掘り返すことはありません。
そのため何年かに一度気が向くとツルバラの周りにスコップを入れて根を切ります。
根の剪定ですが相手は地下なのでうまく切れているかはわかりません、太い根を切ればそこから新しい根が出て活性化します。
木バラであればもっと近い位置を切って確実に根を切りますがツルバラの場合切りすぎ過ぎると春以降の成長に影響が出るので控えめです。

003_convert_20170122214914.jpg

本来は誘引前に行うべきです、今頃やったので顔にとげが刺さりそうです。

河津桜開花

004_convert_20170116201241.jpg

今年一番の寒気の中、気がついたら河津桜が咲いてました。
かなり早い開花です。

トリコデルマ撒布

001_convert_20170109091453.jpg

トリコデルマです、我が家の黒点病対策はこれが主流です。
トリコデルマとは土アオカビで他の糸状菌にとっては天敵です、活性化すると糸状菌を溶解する物質を出しキノコなどを変形させることもあり近所にキノコ農家がある場合は使用することができません。

005_convert_20170109091508.jpg

トウモロコシ活性炭にこれをすき込みます。好気性の菌なので活性炭の細かい穴の中で育ちます。

001_convert_20170109091527.jpg

これに堆肥、牛糞を混ぜ寒肥にします。

003_convert_20170109091542.jpg

我が家では不耕栽培で寒肥は穴を掘らずに地面に撒くだけです。
地面に撒くだけでも降雨や散水で溶け出した有機物が地面に浸み込みます、地中の微生物(特にミミズ)がこれを栄養として繁殖することで土壌はやわらかくなります。
穴を掘って寒肥を入れた場合入れなった場所の有機物が不足して土壌の状態にばらつきが出る可能性があります。
プロフィール

禽吟亭ペタ羅

Author:禽吟亭ペタ羅
都内在住
夫婦で小さな庭をやってます。
バラの時期にはオープンガーデンもやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR