カイガラ虫

バラゾウムシはその後変化なしなので今週はカイガラムシです。

DSC_0656_convert_20160626162743.jpg

カイガラムシを放置するとこうなります。
接木用の台木です。
実験用に放置してみました。

DSC_0658_convert_20160626163828.jpg

何の実験かと言うと、カイガラムシに殺虫剤は効かないと言われていますがこのまだ歩く時期であればアースジェットで十分効果があるはずなのでテストです。

DSC_0659_convert_20160626163019.jpg

カイガラムシは成長すると枝に口吻を突き刺し栄養を吸います、成長すると足が退化し枝に固着し余分になった炭水化物でかたい殻を作ります、そうすると殻に遮られ殺虫剤は効きません。
しかしこの時期はまだ足があるので効くはずです、たっぷり吹きかけました。

DSC_0661_convert_20160626162933.jpg

アースジェットの成分のせいでしょうか白いものが溶け出しています。
確認はできませんが生まれたてのカイガラムシは死んだようです。来週までに確認方法を考えます。
スポンサーサイト

メスレー(すもも)の収穫

DSC_0124_convert_20160618212222.jpg

DSC_0125_convert_20160618212240.jpg

メスレーが熟したので収穫です。
と言っても我が家のではありません、我が家のは結全部落ちてしまいました。

奥さんの実家でメスレーを育てているので収穫を兼ねて育てまたの勉強です。

バラゾウムシの研究その3

DSC_0613_convert_20160605143114.jpg

再びバラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)が大発生しています。
バラゾウムシは春先に第1回目の大発生をしその後発生がおさまって1っか月ほどすると再び大発生をします。

この1か月で世代交代して春先の大発生の子供なのかを確認のために産卵した新芽を新しいノバラの鉢に入れましたが。

DSC_0616_convert_20160605143128.jpg

変化はありません。

DSC_0614_convert_20160605143054.jpg

こちらはハバチの大発生で葉がボロボロですがバラゾウムシはいません。

DSC_0625_convert_20160605143207.jpg

これがバラゾウムシの食害です。

DSC_0624_convert_20160605143156.jpg

葉を裏返すと食事中でした。

DSC_0627_convert_20160605143227.jpg

まだ展開していな若葉が食害を受けています。

DSC_0629改_convert_20160605143238

醜いですが葉の間にバラゾウムシがいるのが見えるでしょうか。
プロフィール

禽吟亭ペタ羅

Author:禽吟亭ペタ羅
都内在住
夫婦で小さな庭をやってます。
バラの時期にはオープンガーデンもやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR