バアゾウムシの生態研究

無農薬(減農薬)でバラを育てた時の最大の敵とも言えるバラゾウムシことクロケシツブチョッキリの生態を何とか調べようと去年から試行錯誤をしていましたが、中間報告です。

004_convert_20180616204336.jpg

これはチョッキリが葉を食べた後です。

002_convert_20180616204934.jpg

写真を取れませんでしたが(写真撮るより先に捕殺しました)、この葉は大きく育ったチョッキリが食べていました。
成虫になりたての小さな虫が葉を食べているのは確認できていましたが、交尾するサイズになった成虫が葉を食べているのは初めて確認できました。

このことから、オルトラン水和剤を少量だけ新芽に噴霧することでチョッキリの被害をかなり防げることが出来ると考えます。

008_convert_20180616204350.jpg

これは1週間前にチョッキリに卵を産み付けられたと見られる新芽です。
これは生態確認用にノバラの鉢植えを
・鉢から出し根を洗う
・土を新しいものに入れ替えて植える
・4月の大発生時に卵を産み付けられた部分を集め10個ほど根元に置いておく

ということを行ったものです。
今回チョッキリの姿が確認できませんが状況としてはチョッキリによるものとしか考えられません。

ということでチョッキリは1ヶ月半ほどで世代交代するものと考えられます。
今後も調査を継続します。

スポンサーサイト

紫陽花が満開

今年はバラも早かったですが紫陽花も2週間前から咲き始めています。

003_convert_20180603135121.jpg

004_convert_20180603135131.jpg

002_convert_20180603135112.jpg

001_convert_20180603135100.jpg

よく見ると既に終わりかけの花もあります。

ポールズヒマラヤンムスクの剪定

001_convert_20180519212335.jpg

ポールズヒマヤンムスクも終わってかなり汚くなっています。
シュートも伸びているので剪定が必要です。

002_convert_20180519212410.jpg

途中経過です、まだまだかかります。

003_convert_20180519212456.jpg

切った枝で山ができてます。

004_convert_20180519212507.jpg

夕方までかかってここまで剪定しましたが続きはまた明日です。

小輪系も満開

今年は早くから暑くなったせいでバラの開花時期が大きくずれていますが、例年5月待つに咲く小輪系も満開になりました。

010_convert_20180513183954.jpg

のぞみです。

001_convert_20180513183932.jpg

先代のウイーピングスタンダードがコガネムシにやられてしまったので作り直した安曇野がはじめて咲きました。

011_convert_20180513184005.jpg

地植えにしたピンクスプレーです。

012_convert_20180513184023.jpg

近所の方にいただいた雪明りです。

013_convert_20180513184038.jpg

ちょっと元気の無かった須磨も咲きました。

バラ神輿

DSC_0020_convert_20180506175413.jpg

昨日から古河庭園の春のローズフェスティバルが始まりました。
そんな中西ヶ原ローズペイジェントのバラ神輿がありました。
古河庭園のバラ行列ができて人が多すぎて写真が撮れませんでした(お金を払わずに入っているので遠慮しました)

001_convert_20180506175445.jpg

我が家の庭では今年はペタらさん(ロサダマスケナトリギンディペタラ)が元気に咲いています。

008_convert_20180506175543.jpg

例年であれば5月待つに咲く春風が既に満開です。

009_convert_20180506175505.jpg

こちらも5月末に咲くフランソワジュランビルもほぼ満開です。
プロフィール

禽吟亭ペタ羅

Author:禽吟亭ペタ羅
都内在住
夫婦で小さな庭をやってます。
バラの時期にはオープンガーデンもやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR